雑記

頑張るだけじゃない、親も息抜きが必要…

子どもが不登校になって、周りからどう思われようが構わない…。

学校に行きたくても行くことができないんだから、と子どもの気持ちになって、

一生懸命サポートしていると、親も当然疲れます…。

 

子どもが適応指導教室に通いだして、日に日に元気になっていくのがわかって、

暗かった子どもの心が輝きだしているのを見て、

素直に良かった、嬉しいという気持ちがあります。

 

ただ、最近親である私が疲れすぎて、イライラしたり、

家事ができなくなったり、仕事から帰ってきて、どっと疲れが出てしまうことがあります。

 

ここ1か月ほど、子ども中心に物事を考えていたので、自分の体力の事を忘れていたんです。

 

疲れが出たのは、子どもが元気になってきた安心感からきたのか、

ぴーん、と張っていた緊張の糸がほどけたのか、

どちらかわからないけれど、とにかく無理しないようにします。

 

親が疲れる=イライラする

 

家の中心人物である、母親がイライラすると、家の雰囲気も変わってくるし、

家で家族がリラックスすることもできなくなる。

 

不登校の子どもを持つ親は、子どもの事ばかり考える前に、

自分自身の心と体力のことも、しっかり考えておかなきゃ大変、と思いました。

 

 

子どものことで頑張りすぎて、疲れすぎてしまっている母親ですが、

子どもが不登校になったことで、子どもと母親という立場で、

一からコミュニケーションをとれるようになったこと。

 

以前よりも、親子のきずなが深まった気がします。

子どものためにも、私自身のためにも、頑張りすぎないように、
疲れたら休む♪を守って、毎日を過ごそうと思います^^


Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.