雑記

緊張の糸が切れた?調子を崩していました…。

1年近く学校に行ったり、休んだり。不登校気味だった、ストレスからの過敏性腸症候群に悩んでいた子どもです。

 

それが、先月からフリースクールに通うことになり、親がびっくりするほど、以前の明るい子どもに戻っていること。家の中でのおしゃべりも増えたし、笑顔も増えたし、薬を飲まなくても腹痛を起こすこともなくなった。

食欲もびっくりするくらいある。

 

そんな子どもをみて、今までの緊張の糸がぷつんと切れたのか、親である私が調子を崩してしまいました。本当、情けないです。

 

先月は、自分でも無理しているな~、という気持ちもあったし、子どもをフリースクールに連れて行きたい、と無理をして日もあったし、ちょっと無理がたたってしまったみたいです。。

 

とにかく毎日が辛くて、毎日仕事して、最低限の家の事をするのが精いっぱい。フリースクールの送り迎えが負担に感じたり、何もしたくない、家で1日ゆっくりと寝ていたい、と思うような、やる気のなさが出てきたり、自分でもどうすることもなく疲れていたんだと思います。

今年になって2回の大型台風もやってきたから、自律神経が乱れてきたことも影響していると思うんですが、、、

 

私が調子を崩したときに、子どもも心配してくれて、家事を手伝ってくれたり、買い物を手伝ってくれたり、ありがたかったです。家族って頼ったり、頼られたり、支え合って生きているんだな、とつくづく感じました。

 

子育てをすること、不登校の子どもを支えることって、親にも負担がかかります。精神的にも肉体的にも、親が倒れてしまってはどうすることもできないので、疲れる前に休む。無理をしない。自分の健康管理をきっちりする。具合が悪いな、と思ったら早めに病院に行く。

当たり前のことだけど、しっかり守らなきゃ、と思いました。

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.