親のサポートのこと

子どもよりも先に親が倒れてしまわないために…

今日、子どもの学校でカウンセリングを受けてきました。

 

カウンセリングを受けたのは、子どもでなく私です。子ども自身は、過去に数回学校でのカウンセリングを受けたことがありました。私はカウンセリングを受けるのがはじめての経験です。

 

子どもよりも先に親が倒れてしまわないために…

不登校の子どもを持つと、親も正直疲れます。大切な子どもだし、毎日子どものそばにいると、どうにかして子どもを助けてあげたい。親としてできることをやってあげたい。どうしたら子どものためになるかって…。

特に真面目な親だと、もんもんと考え込んで、1人で悩んでしまって、心が疲れてしまったり、イライラしたり、

ストレスを抱え込んでしまうことが多いと思うんです。(私も、その一人です)

 

特に働きながら、子どものことをサポートしていると、親が肉体的にも、精神的にも疲れてしまい、倒れてしまう…。

 

そんな悪循環に陥らないためにも、親の悩みを相談できる場所があるのは良いことだと思います。

 

子どもも大変だけれど、サポートする親も大変。親の心のサポートのため、カウンセリングをうけることは大切だと感じました。

現に、今日30分ほど、学校でカウンセリングの先生と話をしてきたのですが、私の心がスッキリしました。

親として間違ったことを子どもにしていないか?と心配していたのですが、カウンセリングの先生によると、今の子どもと私の関係は、いい状態であること。子どもが安心して、母親を頼ることができること。とっても良い関係だと言われました。

 

カウンセリングをどうして受けようと思った理由

カウンセリングは子どもの中学校の先生からすすめられました。

カウンセリングの存在は、子どもがうけるものと思っていました。カウンセリングの存在そのものは、小学校でも、中学校でもあることを知っていたのですが…。

今回、学校の先生方に、「お母さん自身がカウンセリングを受けたらどうか?と、」

「お子さんの普段の生活態度など、専門の先生に相談するだけで、だいぶ違うと思います。」

 

と、おっしゃっていただき、カウンセリングを受けたのですが、実際受けてみて大正解でした。

 

カウンセリングの先生曰く、今のままだと、お母さんに負担がかかりすぎて、疲れてしまうので、うまくストレスを解消することが必要だということ。

と言われたのですが、

私自身、仕事に行くことで子どもとの距離をとって、ストレス解消になっている。仕事が楽しいので、いい気分転換になっている。

と、話すと、素敵な事ですね。と言われました^^

 

学校でのカウンセリングは、子どもだけでなく、親も受ける人が多いそうです。

私も知らなかったのですが、、、

親も第三者に、それも専門の方に相談することで、客観的に子どものことを考え、良い方向にすすめるようになると思います。

 

私がうけたカウンセリングの結果は?

カウンセリングを受けた結果は、親のサポートもきちんとしているし、学校に週に一度だけでも行くことができていること。

今できることをひとつ、ひとつできているので大丈夫、という結果でした。

 

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.