高校受験のこと

高校受験、行きたい高校が決まった!!

最近、学校にも行くことができず、ずっと調子の悪かった子どもですが、昨日担任の先生と相談して受験してみる高校が決まりました。

 

「あなたの成績では、この高校は無理です。」 と、担任の先生に言われることを覚悟していたので、ちょっと安心しました。目標が決まったので、子どもの心にも変化があったようで、今まで夜更かししていたのが早寝になったこと。朝もグズグズして起きなかったのに、今日は数回声をかけただけで起きました。親としても、やっと志望校が決まったことで、少しだけ安心しています^^

 

子どもが望む高校第一志望は、不登校だった子どもが通うことの多い県立高校です。県立なので、1期選抜、2期選抜とあり、もしものために私立の高校も受験、という話になりました。子どもととしては、どうしても第一志望の県立高校に行きたいこと。

1期選抜は小論文と面接のみ、2期になると5教科のテストがあります。子どもとしても1期で合格したい。そのためには、学校に毎日登校して、小論文を書く練習をしたり、面接の練習をする。今までのように身体がだるいから、体調が悪いから、と学校に行かないでいるのは難しいです…。先生にもきっぱり言われました。「願書の準備は12月からそれなりにかかるから、やるならきちんと練習しないと難しいよ。」と。

もう、やるしかないです。受験までの3、4か月。学校に登校して、周りの子どもたちを気にしている余裕はないです。中学生活のうち、3、4月本気になるだけ、自分の将来がかかっているので、もう前に向かってやれることをやるだけです。失敗、うまくいかない、なんて考えないで…。

私立高校の学費を調べたところ、年間最低でも100万円はします。親としてもお金を出してあげたいけれど、まだ下にも子どもがいること。できるだけ県立高校に行ってほしいと思うのが本音です。1期で合格する人は少ないので、1期がだめでも2期がある。本人が望む第一志望の高校に合格できるよう、そばで励ましてあげたいです。

 

子どもとしても、中学校にきちんと通えなかった分、高校は行きたい。今まで楽しめなかった分、高校生活を楽しみたい♪という気持ちが強いみたいです。「今日は部屋の掃除をして、自分の部屋できちんと勉強できるよう環境を整える。」なんて言っていました^^

 

親として静かに見守っていきたいです。

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.