高校受験のこと

高校受験にむけて志願書、願書の準備と高校の下見

2学期も終わりに近づいてきた11月から、学校で高校受験に向けて志願書、願書の準備をはじめました。

希望する学校は定時制の公立の高校です。私立の滑り止め(KTC)を先生にすすめられたのですが、学費が予想以上にかかること。高校卒業後の進学を考えると、高額の私立高校に通うことは難しく感じました。希望の公立高校は1期で小論文と面接試験。1期がだめならば2期で5教科の試験。2期がだめならば3期を受験。それでもだめならば、他の定時制の高校に通うということになりそうです。

今年度は子どもが希望する第一志望の定時制の公立高校の倍率が高いこと。同じ中学校から数名同じ高校を受験をする子がいると聞きました。

 

先日の3者面談でも先生と話した通り、もう体調が悪い、学校に来れないなんて言ってられない。とにかく2学期が終わるまでに願書の準備をしておかないといけない。ということで、子どもは学校に週4日ほど行っています。(どうしても週に1度は学校に行くことができない日があります)

12月に入り、なんとか志願書の下書きは完成したので、あとは志願書を正式に書いて、願書の準備をすること。2学期もあと2週間ほどなので、子ども自身も志望校合格に向けて、しっかりと準備しなきゃといった気持ちが見えてきました。

どうしても具合が悪くて昼前から学校に行くだけ、先生に顏を見せに行くだけの日もありますが…。

 

先週末は子どもが一人で、志望校まで電車に乗って実際に行ってみました。実際に電車で通うと何分くらいかかるのか?学校の場所はどこなのか?駅からどのくらいかかるのか?本当は高校見学に行ければ良かったのですが、事情があって行くことができなかったので、高校受験前に下見のつもりでいってきたようです^^

 

今現在、過敏性腸症候群の症状はありません。自分で自転車をこいで学校に通っていること。(毎日ではない、週に4日ほど。時間差で1時間~3時間くらい登校)どうしても学校に行くと、次の日動けなくなる日もあります。学校に行けるようになっても、毎日は辛い。前日学校に行くことができなかった日は、次の日どうしても学校に行く!!という意思が以前よりも強くなっている気がします。

あれこれ、口を出したくなる時もありますが、親として、子どもの成長を見守っていこうと思います。


Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.