親として悩んだこと

親が一生懸命になりすぎてストレスをためすぎないで…

最近、このブログを読んだ方からメールをいただくようになりました。メールを読ませていただいて、子どものことで悩んでいるのは私だけではないんだ、と共感する反面、一生懸命にお子さんのことで悩んでいる親御さんのほうが心配になることもあります。

 

子どもが不登校になると子ども自身も大変だと思うのですが、親に余裕がないと本当に大変です。子どもと関わる時間(母親が専業主婦かそれとも働いている方か)もそうですが、親が子どもの不登校を解決しようと力が入りすぎてしまって、子どもよりも先に疲れてしまう…。親が疲れてストレスがたまることで、子どもに対する接し方も余裕がなくなってしまったり…。

出口のないトンネルの中にいるようで、本当に辛いんですよね。

 

どうか、このブログを読んでいる親御さんは、頑張りすぎてご自分を責めすぎないでくださいね。不登校になるのも、過敏性腸症候群になるのも親のせいではないです。不登校になったから失敗とかではなく、たまたま人生の中で不登校になってしまったのが中学生だったこと。今順調に学校に通えている人達だって、将来仕事でつまづいたり、悩んだり病気になったりすることがあります。

普段頑張りすぎている親御さんは、たまには肩の力を抜いて気分転換することも必要だと思います。(私は子どもが不登校で家に閉じこもりな日が続いたとき、ドライブがてらちょっと遠くのお店にご飯を食べに連れ出していました。近所だと知り合いに会う可能性があるので)

 

我が家の場合、子どもが不登校になり市の適応指導教室に通うことで先生方に相談することができ、親の子どもに対する心配などを打ち明ける場所ができてだいぶ救われたました。適応指導教室に通室する前は、学校の先生方も親身になって相談にのってくれたことに感謝しています。

お子さんのことで一人で悩みすぎないで、学校の先生やお医者さんなど、悩みを打ち明ける場所があるだけでだいぶ違います。

 

■母親が仕事をやめるべきか?

子どもが不登校になる中、パートと言っても私が働きに出ず家にいたほうがいいのか、悩んだことがあります。同じように適応指導教室に通うお子さんの親御さんは専業主婦で、お子さんのことを手とり足とりサポートしているのを見ると、もっと子どもに対する時間を作ったほうがいいのか?仕事を辞めるべきなのかと思いました。

仕事を辞めたら家計も大変になるし、私の場合、子どもとずっと一緒にいるとお互いにストレスがたまってしまうので、働きにでることにしましたが、それでもなんとかやってきました。パートでも不登校の子どものサポートは大変に感じることもあったので、ましてフルタイムで働いている方なら、なおさら大変だと思います。

親も頑張りすぎないで、できる範囲でお子さんのサポートをすればいいと思います。親が倒れてしまっては元も子もないです。

 

子どもが不登校になったときは、旦那と私で意見が食い違いました。旦那は無理やりにでも学校に行かせたい。私は無理に学校に行くことはないと思っていたし。子どもが不登校になって夫婦の仲が険悪になったこともあります。不登校に対する知識もなかったので、どれが正解でどれが不正解なんてわからなかったこと。学校の先生や適応指導教室の先生に悩みを相談することで、少しずつ解決していきました。

乗り越えてみると大したことはなかったと思うのですが、当時は大変に感じたんですね。

 

多分、母親の私一人じゃここまでこれなかったです。親の私をサポートしてくれる人達がいてこそ、子どもが高校に通えるようにもなりました。今、お子さんのことで悩んでいる方は、一人ですべてを抱え込まないでくださいね。

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.