高校生活のこと

不登校でもやっておいたほうがいいこと

中学生活3分の2以上は不登校だったわが息子。今はなんとか高校に通えていますが、高校に通えるようになっても一番大変なのは勉強のようです。

 

メンタルクリニックの先生からも、学校の先生からも、登校することはできなくても勉強だけはしておくように!!と言われていたのですが、だらだらと過ごしてきてしまったせいか、勉強でつまづくことが多いみたいです。高校に入り、中学と違い友達がたくさんできて、友達と遊ぶのが楽しくなった♪ということもあるのですが、遊んでばかり、やらなければならない勉強がおろそかになってしまっている、そんな感じです。

 

本当、不登校でも勉強だけはやっていたほうがいいです。勉強さえしていれば何とかなります。身体の調子が悪いのに無理して勉強することはないけれど、毎日少しずつでもいいから勉強しておくのが一番です。

 

私自身、学生時代そんなに勉強しなかったので、子どもにうるさいことは言えないのですが。。。子どもが勉強する気になってきているので、以前やっていたスタディサプリがなかなか良かったので、また契約しようかな?と思っています。

 

子どもも自分でも勉強をやらなければならない、ということは分かっているらしく、高校に入ってから今まで遊びすぎてしまった、と反省している様子。勉強をしなくて困るのは自分。後で後悔するのも自分。高校生になって勉強のことでうるさく言わないように、と放置しています。最近では将来自分がどうなりたいか見えてきたようで、それなりに努力はしていると思うのですが。子どもを信じてみます。(ついつい口を出してしまいそうになるけれど)

 

次男が来年中学生。長男は「俺のようにならないように、しっかり勉強しとけよ。」なんて次男に行っていますが、私から言えば、「そういう自分もしっかり勉強しなよ!!」と思うのですが…


Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.