子どものSOSに気づいてあげて…

自分の子どもが、朝の登校時間になるとトイレから出ることができない。

母親が仕事で、朝忙しくバタバタしているときに、子どもがお腹が痛いと訴える。

毎日じゃなくても、たまにお腹が痛くて学校に行きたくない、と親に訴える。

過敏性腸症候群の腹痛は、一時的なものだったり、学校を休めるとわかると安心してお腹もおさまることも多いこと。私自身、子どもがずっと仮病で腹痛がすると訴えていた、と思っていました。

腹痛なんて仮病でしょ、学校に行ってどうしてもお腹が痛いのなら、保健室で休んでいればいい。

なんて、ひどいことを言ったり…。

お子さんの腹痛が続いたり、朝登校をぐずることがあったら、お互いに冷静な時にしっかりと話を聞いてあげてみてください。親が一方的に責めるように話すのではなく、子どもの気持ちに共感するように話しかけてみると、子どももつい、ぽろっと学校での悩みを打ち明けてくれるかもしれません…。

子どもにとって、一番辛いのは、腹痛があっても親に信じてもらえないこと。腹痛の辛さをわかってもらえないこと。

これが一番こたえると思います。

今の世の中、子どもだけでなく、親もストレスを抱える時代です…。いつも時間に追われたり、仕事や家事、子育て、やることがたくさんありすぎて、いっぱいいっぱいになってしまう…。

仕事はお金をもらうもの、簡単に休んだり手を抜く事はできないけれど、家事はちょっと手を抜く事もできます。子どもの様子が変だな、と感じたら、子どもと2人の時間を作って気分転換に出かけてみる、とか、子どもに安心させること。いつでも味方なんだよ、と言うことを教えてあげるだけでも、安心してもらえると思います。

Related Articles:

    スポンサーリンク




    Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする