サイト管理人について

kimama-mama過敏性腸症候群の子どもを持つ、40代の主婦sakiです。

どこにでもいる、ごく普通の母親です。ちょっと真面目すぎて、なんでも頑張りすぎてしまう、というところもありますが…。

子どもが不登校になり、なんでうちの子どもだけ学校に行くことができないのか?痛いほど悩みました。

今では学校がすべてとは思っていませが、子どもが不登校になった当初は、どうにかして学校に行かせなければならない、と必死でした。

子どもは適応指導教室に通い、元気に毎日を過ごし無事、中学を卒業することができました。

子どもが過敏性腸症候群になり、学校に行くことができなくなった。当初は、自分の子育てが間違っていたのか?子どもを甘やかすぎたのか?

子どもが不登校になったことで、家の雰囲気が悪くなったり、夫婦間で言い合いになったり、ストレスがたまる日もありました。よその子が元気に学校に行っている姿を見るのが辛く、ママ友とも疎遠になってしまったりウツウツした日々を送っていました。

(親の私よりも、子どもの方がもっと辛いのに……)

学校に行くことができない=失格

不登校を乗り越えた今は、人生何事もすんなりいくとは限らない。今よりも、もっと強い自分になれること。心を病んだことで、他人にもやさしくなれる人間になれると信じていること。たまたまつまずいたのが中学時代だけであって、人間誰でも、つまづくことはある。

(適応指導教室の先生に言われた言葉です)

子どもは不登校を乗り越えて、精神的に成長したと感じています。

子どもの過敏性腸症候群は、適応指導教室に行くようになって自然と治りました。学校に行かなければならない、というストレスがなくなったことで、症状が改善されたのかな?と思います。

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする