勉強のこと

勉強嫌いな子ども(中学生)がすららで成績が伸びるのか?すららを始めて3日目の感想⑨

中学生の子どもが対話型アニメーション教材、すららをネットで申し込み受講をはじめて4日ほど経ちました。次男の勉強ができないことが原因で学校に行きたくない、という悩みを解消すべく「すらら」を始めたのですが、勉強時間は短いものの毎日「すらら」をやっています♪

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】

次男はもともと家での勉強の習慣がない子どもです。(宿題は学校でやってしまうらしい…)

まずは家での勉強の習慣をつけたい

「すらら」をはじめて2日目あたりは、「面倒くさいからはやく「すらら」を終わらせたいよ。」と嫌々「すらら」をやっていたのですが、昨日あたりから「すらら」をやるから、お母さんパソコン立ち上げて。」と自分から「すらら」をやろう♪という意欲が出てきました。

「すらら」は勉強がつまづきだした小学校4年生の算数からやっているのですが、回答するものの完璧には正解できなかったり、完全に理解していない部分もあるようです。ちょっと心配なので、子どもが「すらら」で勉強をやる際に、そばでじっと見ていたいのですが、お母さん向こう行って!!と言われてしまいます。(親がそばにいたら気が散りますよね。うん。)

短い時間でも毎日「すらら」にログインすることで、家での勉強の習慣がついてくる、と思います。勉強のわからないところが分かるようになると、勉強が今よりも楽しくなる♪成績が伸びる喜びを知ると、もっと学習意欲がわいてくる、と「すらら」コーチもおっしゃっていました。

思春期で扱いが難しい子どもとのコミュニケーションがとれる

次男は今思春期の真っ最中。何か話しかけても「うん。そう。それで。」みたいな感じです。学校から帰ると自分の部屋にこもってしまい、小学生の時のように会話も少なくなりました。我が家には使えるパソコンが私のノートパソコンしかないため、

「すらら」はリビングでやるしかないこと

学校から帰ってきて、子どもの姿を見ている時間が増える

ことで、少しはコミュニケーションが取れるのかな?と思います。夕飯前に「すらら」をやる前に、軽食を用意したり、子どもの好きなおやつを用意したり、中学生でもちょっとしたご褒美がもらえることが嬉しいみたいです。(決して顔には出さないけれど…。親としてわかります)

すららはどれだけ勉強したか保護者の管理画面でわかる

わが家の場合、「すらら」は毎日ログイン、最低でも30分は勉強する、という約束をしています。約束を守らないとお小遣いが減ってしまうという、罰があります。(月の小遣いが減ってしまうのは、子どもとしても絶対に避けたいようです)

思春期で親との会話が少なくなって、すららをやったのか親が確認して、子どもが「すらら」で勉強した、と嘘をついたとしても、「すらら」の保護者用の学習管理画面にログインすると、1日どれくらい勉強したか一目てわかってしまいます。

親としては月に8000円も払っているので、もっと勉強して!!と言いたくなりますが、今はぐっと我慢です。毎日「すらら」にログインするだけでも、えらいとほめてあげたいです。

逆にこんなに勉強したね、と親がほめることもできます^^

中学1年の2学期になると、勉強もどんどん難しくなります。勉強のことを考えるだけで、学校に行きたくない、という子どもの気持ちもわかります。(親の私も勉強が苦手だったので)「すらら」は全国の塾でも取り入れているオンライン学習教材です。「すらら」でどれだけ成績が伸びるか?個人差もあると思いますが、子どもの力を信じて、応援してあげたいと思います。

次男の「すらら」に取り組む姿を見て、過敏性腸症候群で中学不登校だった長男にも「すらら」をやらせてあげたかった、と思いました。長男も勉強ししたいけれど、どこで自分がつまづているかわからない。中学2学期から不登校になり、外に出たくない、人に会いたくない状態が数か月続いたので、勉強どころではありませんでした。

「すらら」は無学年方式なので、小学生の問題からさかのぼって勉強しなおすことができること。対話式のアニメーション教材なので、教科書を読んで勉強する場合と違い、頭に勉強の内容が入ってきやすいこと。

不登校でも勉強さえしっかりしていれば、高校入試の際にも自信が持てます。

無学年制教材!対話型アニメーション、インターネット教材【すらら】WEB申し込み

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.