雑記

辛いのは子どもだけではない、親の不安とストレス…

子どもが、ストレスからの過敏性腸症候群で学校に行くことができない…。

 

子どもが学校を休むことは最初は1日、それが2日、気がつけば1週間、2週間と長引く事。

最初のうちは、お腹が痛くなってしまうんだから仕方がない。

わざと腹痛を起こしているわけではないんだから、と思っていました。

 

しかし、ストレスの原因がなくなったと思っても、学校に行くのを極端に怖がる子ども。

次の日学校だと思うと、夜中にお腹が下って痛くて眠れない…。

 

やっと眠れたと思ったら朝…。という日も少なくありませんでした。

 

親としても、なんとかして学校に行かせなきゃ、行かせなきゃと思い、

知らず知らずのうちに、子どもを追い詰めていた時もありました。

親も人間だし、ストレスもたまります。

 

制服姿の中学生を見かけるたび、なんでうちの子だけ学校に行くことができないの?

と、何度も思ったことがあります。

 

なんで学校に行くことができないのって、子どもに言ってしまったこともありました。

 

不登校が長期化すると、親としてもストレスになります。

親も疲れていたんですね。

 

主婦として平日の日中は家事をしたり、1人の時間があったり、

のんびり過ごすことができても、子どもが家にいるとお昼ご飯を作らなきゃいけないし、

小さなストレスが少し少し蓄積されていって、気がついたら大きなストレスになっている。

 

親としての不安も、ひとりで抱え込むことによって、爆発してしまう。

 

ある日、些細な事で子どもを傷つけてしまったり、

一生懸命に子どもの事を考えるたびに、子どもを追い詰めてしまうこともありました。

 

子どもが変わってきた!と思うきっかけは、学校以外にある同じ年頃の子どもが集まる

適応指導教室のようなところに通い出したこと。

 

最初は見学に行ったのですが、最初は見学に行くことも、子どもは嫌がりました。

どんなところか見てみないとわからないし、無理だったら行かなくてもいいから…。

と、子どもを説得。ふたりで適応指導教室に訪れてみると、アットホーム的な雰囲気でした。

 

適応指導教室の先生も、子どもの気持ちを十分すぎるくらいわかってくれて、

ここにこれただけでも、すごいことだよ。と子どもを褒めてくれたこと。

 

ぎこちなかった子どもの表情も、だんだんと溶けて、笑顔が戻ってました。

適応指導教室の良いところは、適応指導教室に登校すると学校に登校したと同じく、

出席日数をカウントしてくれること。

これは各学校の校長によって考えが違うようですが、学校に行かなくても登校扱いになる、

ということは、子どもにとっても嬉しいポイントだったようです。

 

親としても、学校以外に子どもが通える場所がある。

子どもに対する親の気持ちも相談出来て、打ち明ける場所がある。

 

そう思うだけで、心がだいぶ軽くなりました。

 

子どもは最近、お腹が痛くなることはありません。

家の中でも、笑顔をたくさん見せるようになりました。

 

学校に行くことができない、ということは、世間から見たらデメリットに見えるかもしれないけれど、

子どもは今、人間として貴重なことを体験していると思います。

 

Related Articles:

スポンサーリンク




Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.